エイシング

港区,  東京都 
Japan
https://aising.jp/
  • 小間番号3832

オリジナルAIアルゴリズムで エッジデバイスから世界をより良く変えていきます

【機械制御に特化した超高速EdgeAI ~機械に学習の機会を~】
 200MHz~1GHz帯のCPUやFPGAのような比較的小型な汎用チップでAI処理が可能となる「エッジAI」が実現すると、初期コスト・電力・インタネットの制約に関わらず様々な環境でAIを利用することが出来ます。
 しかし、既存のAIアルゴリズムは技術課題がありエッジ上でAI処理が出来ていない状況です。
その課題とは、「専門家によるパラメータ調整が必要」、「学習計算コストが大きい」という内容です。これらの課題により既存のAIアルゴリズムをエッジデバイスに組み込もうとすると「その場で動的変化に対応が困難」、「エッジで処理が困難」などの問題があり、エッジAIが実現できていませんでした。しかし弊社オリジナルAIアルゴリズムはそれら課題を解決することによりエッジAIを実現させることが出来ました。弊社エッジAIではエッジデバイス上で学習・推論のAIがする処理の両方を行うことができ、現在学習が出来るエッジAIは世界でも弊社のみとなっています。
 弊社エッジAIのユースケースとして、個体差補正、予測制御、職人の勘などの事例があります。個体差補正は、経年劣化、製品個体差の補正。予測制御は空調制御、自動車のスリップ予測。職人の勘は旋盤加工を職人と同じ動作が出来るように。その中でも弊社でしか出来ないのは個体差補正です。弊社エッジAIはエッジデバイスごとに学習出来るため、個体差補正の補正を可能としています。個体差補正ではバッテリー個体差補正で電池効率の向上、生体情報の個人差補正なども可能だと考えています。
 弊社Solutionの提供方式ですが、現在は3つの提供方式をとっています。1つ目はSaaSの環境を月額製での提供をしていて、RestAPIを用いて各社システムとの連動も可能としています。2つ目はチップでの提供をしていて、エッジAIを実装したボードを部品販売しています。3つ目はライセンスでの提供をしていて、RTL形式などのバイナリIPをライセンス契約をしていただきます。各社の用途に合わせた利用が出来るようになっています。
 『ものづくり』×『AI』。あらゆるデバイスがIoT化していく時代に弊社エッジAIで世界をより良く変えていきます。


 追加情報

初出展/New Exhibitor
Yes
新製品/New Products
No
製品展示/Displaying Equipment
No
デモンストレーション/ Product Demonstrations
Yes
産業・技術分野/ Industries/Technologies
その他/Other
上記以外の分野/Other categories
edge AI