SiCアライアンス

港区,  東京都 
Japan
http://www.sicalliance.jp/
  • 小間番号5343


電力エネルギーを高効率で制御し、省エネと機器の小型化に寄与する次世代パワー半導体SiCの話をお聴きください。

実用化が始まった次世代パワー半導体SiCの魅力をお話ししたいと思います。

【SiCアライアンスとは】

エネルギーの有効利用で活躍する電力制御システムのキーデバイスであるパワー半導体。現在はSi(シリコン)半導体が用いられていますが、Siに比べ格段に優れた省エネルギー性能や物理特性をもつSiC(炭化珪素)が新しいパワー半導体として注目されています。
SiC
半導体は、
次世代自動車や鉄道、スマートグリッドなど新しい応用分野のさまざまなシステムでインバータ(電力変換装置)に用いられて大幅な省エネルギー/小型化をもたらし、低炭素社会の実現に大きく貢献すると期待されています。 このようなSiCについて、これまで、多くの国家プロジェクトが進められてきました。 SiCアライアンスは、これらのプロジェクトに横串を通し、全体としての成果をあげることに貢献してきました。
 現在、パワーエレクトロニス関連のSIPプロジェクトや補助事業等による産業化の促進が進められています。また、高品質エピウェハの安定供給を実現するために、エピウェハの
結晶欠陥評価方法の国際標準化への取り組みも始まっています。
 こうした中で、SiCウエハ、素子及び実装、特に、自動車等の最終製品への応用技術に関わる研究開発に関して産学官が、情報共有、意見交換、研究開発連携をオールジャパン体制で行い、それぞれの分野での成果を、適時、適宜に橋渡しできるように進め、実用化、普及の早期実現を目指して活動しております。


 出展製品

  • SiCアライアンス
    【新しく推進されている活動】 SiCアライアンスのWebサイトは更に充実し、ワーキンググループ活動で調査厳選された技術情報を整理し、会員頁にデータベースとして蓄積を始めました。 また、比較的小さな規模の企業の方に入会がし易い特定会員を新設し、既に数社の御入会を頂いています。...

  • <1>入会して頂きたい企業・研究機関のイメージ

    SiC半導体を新たに採用されるアプリケーションメーカ、SiC関連材料・部品を開発されている企業、SiC関連の研究開発を進めておられる企業・研究機関など、SiCに関する情報・人脈などを必要とされる企業・研究機関。

    <2>SiCアライアンスの会員となるメリット

    SiCに関する研究・開発・製品などの情報を効率よく入手できる:広報委員会 情報展開WG
    *SiCアライアンスホームページの会員用ページにアクセスできるようになり、より詳細な情報が得られます。

    SiC半導体に関する日本のキーマンとの人脈形成が可能:広報委員会 研究連携WG

    SiC研究開発の動向や今後の進め方についての指針が得られる:企画委員会 戦略WG

    SiC半導体を用いた製品の開発に必要な情報を使いやすい形で提供:企画委員会 普及WG

    シンポジウムや研究会などに参加することでタイムリーな研究・開発情報を入手できる:広報・企画委員会

    <3>会費

    正会員:年会費30万円
    (年度途中で入会されるときは、入会年度については、2.5万円x残月数の会費)

    特定会員:年会費6万円
    (年度途中で入会されるときは、入会年度については、0.5万円x残月数の会費)
    *中小企業の方限定(詳しくは、下記資料をご参照ください。)

    準会員:会費免除
    *大学、公的研究機関限定

    <4>入会後の活動

    4つのWGの内、参加を希望する一つ以上(特定会員は、1つのみ)のWGに参加して、SiCアライアンスの活動に協力していただくと同時に、情報収集や人脈形成などを進めていただく。

    シンポジウムや研究会に積極的に参加いただき、質問や意見交換会での交流で必要な情報を入手いただく。