SEMI Flow Manufacturing

千代田区九段南,  東京都 
Japan
  • 小間番号5429

FlowMasterはタグの要らないスマートな製造ラインを可能にします。

製造ラインのスマート化で装置間(M2M)インターフェイスが重要になる中、SEMIでは製造物にタグをつけなくても製造物の情報を装置間で受け渡すことのできるM2Mインターフェイス・スタンダード「SEMI A1 Horizontal Communication(HC)」を開発致しました。
多くの製造ラインでは、装置が互いに接点信号などの単純な信号でハンドシェイクを行って製造物を順次受け渡し、予め設定された処理を行っています。そのような製造ラインを製品の混流や処理の最適化および履歴取得が可能なスマートな製造ラインにするには、ホストコンピュータを導入して製造物の流れと装置の設定を管理するのが一般的です。しかし、装置間で受け渡される製造物のその情報だけをホスト経由で別途受け渡することは二度手間になるため、製造物にICタグを付けて装置間で直接受け渡す方法がよく用いられます。しかし、これにはタグとその脱着およびタグのリーダのコストがかかる上に、製造物に依ってはタグを付けることができない場合もあります。そこで、SEMIではタグを用いずに装置間で製造物とその情報とを同時に受け渡すインテリジェントなM2Mインターフェイス・スタンダード「SEMI A1 HC」を開発致しました。本ブースではこのスタンダードを適用してタグレスを実現したスマートでオブジェクト指向な自動製造ラインコンセプト「FlowMaster」をご紹介し、更に、複数の参加企業によるPLCとその表示器を用いた製造物の受け渡しシミュレーションのデモンストレーションを行います。